ユーザサポートツール 操作方法

ユーザサポートツールは学力POSのご利用環境設定をサポートするツールです。

目次

掲載されている画面イメージはお使いのOSのバージョンによって見た目に違いがありますが、基本的な手順に変わりはありません。

インストール方法について

インストール方法はこちらでご案内しております。

プログラムの起動

初回起動についてのお願い

VOD環境の設定の中には、制限ユーザや標準ユーザでは行えない作業がありますので、 初回の起動は管理者ユーザで行うことをお勧めします。

ユーザサポートツールを起動

インストールしたプログラムはデスクトップのアイコン、またはスタートメニューから起動することができます。

デスクトップアイコン

スタートメニューショートカット

初めて起動するとき

ログイン中のWindowsユーザがユーザサポートツールを初めて起動したとき(インストール直後に自動起動したとき)は、 基本環境設定を行うためのダイアログが表示されます。

これはお客様に設定していただく必要のある基本的な処理を自動で実行するものです。 通常は「はい」を選択してください。 ここで「いいえ」を選択した場合は、ユーザサポートツール起動後に 機能メニューの「基本環境設定を行う」というボタンから処理を行ってください。

メイン画面

画面表示解説

プログラムを起動すると、次のようなメイン画面が表示され、 お客様のパソコン環境のチェック結果が表示されます。

(1)機能
プログラムが持つ各機能を呼び出せます。
(2)プログラムについて
ユーザサポートツールに関する情報を表示します。
(3)再診断を行う
起動時に自動的に行われたのと同じPC環境のチェックを再度行い、表示結果を最新にします。
(4)ご使用のOS
ご使用のパソコンにインストールされているOSの情報を表示します。
(5)Cドライブの空き容量
ご使用のパソコンに搭載されているHDDのCドライブ空き容量を表示します。
(6)メモリー搭載容量
ご使用のパソコンに搭載されているメモリー容量を表示します。
(7)Internet Explorerのバージョン
ご使用のパソコンにインストールされているInternet Explorerのバージョンを表示します。
(8)Silverlightのバージョン
ご使用のパソコンにインストールされているSilverlightrのバージョンを表示します。
(9)CPU情報(参考)
ご使用のパソコンに搭載されているCPUの情報を表示します。
(10)診断結果概要
PC環境チェックのトータルな結果が表示されます。
(11)診断結果詳細
PC環境チェックを行った各項目について、個別に診断結果が表示されます。
(12)よくあるお問い合わせ症状
よくあるお問い合わせとその他のトラブルシューティング画面を表示します。
(13)基本環境設定
VOD視聴に必要な基本的な設定が完了しているかどうかが表示されます。設定状況詳細ボタンを押すと個別の環境設定情報を確認することができます。
(14)診断結果をコピーする
診断結果が記載されたテキスト情報をコピーすることができます。
(15)ログインユーザーの情報
ログイン中のユーザーの権限情報が表示されます。
(16)終了
プログラムを終了します。

再診断を行う

環境チェックの結果を最新の情報に更新します

プログラムを起動すると、環境チェックが自動的に行われます。 ですが、プログラム起動後に行ったCドライブの容量確保等の操作結果は自動的には反映されません。 そんなときは再診断を行ってみてください。 最新のPC環境チェック結果を見ることができます。

よくあるお問い合わせ症状を表示する

よくある問題とその解決策を表示します

ビデオ視聴が出来ない、音読コンテンツが閲覧できないなどの問題にぶつかったときは、画面左下の青い文字のよくあるお問い合わせ症状から該当する問題をクリックしてみてください。

(5)その他をクリックすると、トラブルシューティングの一覧が表示されますので、該当する現象を選択し、右側の実行ボタンを押してください。 右上の「管理者権限とは?」のリンクをクリックすると管理者権限についての解説を読むことができます。

試して頂きたい処理が表示されますので、画面の指示に従って設定を行ってみてください。(下記の画面は一例です)

機能メニュー

サポートツールの各機能を呼び出します

プログラムが搭載している機能を呼び出すことができます。

次の章から各機能の解説を行います。

基本環境設定を行う

基本的な環境設定処理を行います。この処理は初回起動時に実行される処理と同様のものです。

信頼済みサイト設定、信頼済みサイトに対するセキュリティの設定、ポップアップ許可設定、IE互換性表示設定、IEアドオン有効化設定、ActiveXフィルタ解除、IE言語設定、IEエンコード設定、保護モードの設定が行われます。

実行される処理についての解説が表示されます。

基本環境設定の状態をチェックする

お使いのパソコンで基本環境設定が完了しているかをチェックします。設定が完了しているときは青い文字で「完了しています」と表示されます。 完了していない項目があるときは「未完了(右のボタンで確認)」と赤字で表示されますので、設定状況詳細ボタンを押して状態を確認してください。

次の画像のように表示された場合は設定状況詳細ボタンを押してみてください。

基本環境設定状況詳細の画面が表示されますので、「未完」の項目の右側にあるボタンを押して処理を実行してください。 複数の項目が未完になっているときは、左下の「基本環境設定を一括で行う」ボタンを押すことで、 全て基本設定処理を一度に実行することができます。

診断結果をコピーする

お使いのパソコンに設定されているVOD視聴に関する設定内容を、テキスト形式で表示・コピーすることができます。 ユーザサポートツールを使っても問題が解決しないときは、ここで診断結果をコピーしてヘルプデスクに提出することで、 問題の解決を早めることができます。

診断結果をコピーするボタンを押すと、このような画面が表示されます。 右上の「クリップボードにコピー」ボタンを押すと、表示されている内容がコピーされますので、 メールなどに張り付けてご利用ください。

標準ユーザが使える機能の一覧を表示する

「標準ユーザが使える機能」ボタンを押してください。

標準ユーザが実行できる機能の一覧が表示されますので、実行したい機能を選択してください。

Internet Explorerポップアップ許可設定

Internet Explorerのポップアップブロックが妨げになり、必要なコンポーネントがインストールされない場合があります。 この機能を利用すると学力POSに関連するサイトに対するポップアップブロックが解除されます。

右上の「ポップアップとは?」のリンクをクリックするとポップアップについての解説を読むことができます。

Internet Explorer互換表示設定

Internet Explorerのバージョン違いによるレイアウト崩れを避けるために、 この機能を利用すると学力POSに関連するサイトが正しく表示できるようになります。

右上の「互換表示とは?」のリンクをクリックすると互換表示についての解説を読むことができます。

信頼済みサイト設定

学力POSに関連するサイトを信頼済みとして設定し、セキュリティの設定を適切に設定します。 この機能を利用することでVOD動画視聴の際に発生する多くの問題を回避できます。

右上の「信頼済みサイトとは?」のリンクをクリックすると信頼済みサイトについての解説を読むことができます。

IE ActiveXフィルター解除

Internet Explorerの機能であるActiveXフィルターを解除し、学力POSに関連するサイトのコンテンツを使用できるようにします。

右上の「ActiveXフィルターとは?」のリンクをクリックするとActiveXフィルターについての解説を読むことができます。

IEアドオン有効化

学習システムで必要となるアドオン(拡張機能)を有効にし、コンテンツを使用できるようにします。

右上の「Internet Explorerアドオンとは?」のリンクをクリックするとInternet Explorerのアドオンについての解説を読むことができます。

Internet Explorer言語設定

学力POSに関連するサイトの日本語が正しく表示されるように設定します。

右上の「Internet Explorer言語設定とは?」のリンクをクリックするとIE言語設定についての解説を読むことができます。

IEエンコード設定

学力POSに関連するサイトを正しく表示するためにInternetExploreのエンコードの設定をします。

右上の「エンコードとは?」のリンクをクリックするとエンコードについての解説を読むことができます。

ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップツールを起動してTemporary Internet Filesなどの一時ファイルを削除します。

セキュリティコンポーネントのアップグレード

保護された動画をMedia Playerで再生できるようにするために、セキュリティコンポーネントをアップグレードします。

セキュリティソフト一時停止/ツールバーアンインストール

VOD視聴を妨げる可能性のあるソフトの設定を変更します。

サンプル動画を再生

学力POSのサンプル動画を再生します。 この動画を再生することによって、著作権管理のDRMファイルを更新しライセンスに関するエラーを解消できることがあります。

Adobe Readerをインストール

学力POSでの学習に必要となるPDFファイルのリーダーをダウンロード・インストールします。

Flash Playerをインストール

学力POSでの学習に必要となるFlash Playerをダウンロード・インストールします。

インターネット回線速度測定

VOD学習を実行するのに十分な回線速度があるかをチェックします。 処理ボタンを押して回線速度測定サイトにアクセスしてください。

管理者ユーザだけが使える機能

「管理者ユーザだけが使える機能」ボタンを押してください。

管理者ユーザだけが実行できる機能の一覧が表示されますので、実行したい機能を選択してください。

Windowsファイアウォール設定

このプログラムをWindowsファイアウォールの例外に設定し、サポートツールが正しく処理を完了できないリスクを低減します。

インターネット一時ファイル削除

古い情報がビデオオンデマンド視聴に影響を与えるのを防ぐために、インターネット一時ファイルの削除を行います。 これによって、ライセンス認証に関するエラーが解消する場合があります。 削除処理の失敗を予防するために、予め他のアプリケーションを終了してから実行してください。

DRMファイル退避

DRMファイルの退避を行い、パソコンに保存されたビデオオンデマンドに関するファイルをクリーンアップします。 これによって、ライセンス認証に関するエラーが解消する場合があります。

Windows Update実行

システムが最新の状態になっていない場合には、Windows Updateを行ってシステムをアップデートしてください。 この画面ではWindows Updateのページに誘導します。

音読コンポーネントインストール

音読トレーニングを受講するために必要な「音読コンポーネント」をインストールします。 音読コンポーネントとは、お客様のパソコンで音読コンテンツの閲覧を可能にするプログラム部品です。

音読コンポーネントアンインストール

「音読コンポーネント」をアンインストールします。 音読授業が正常に実行できないとき、音読コンポーネントをアンインストールした後に、再度インストール処理を行うことによって正常に実行できるようになる場合があります。

再診断を行う

「再診断を行う」のボタンと同様の処理が実行されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

トラブルシューティングを表示する

「トラブルシューティングを表示する」のリンクと同様の処理が実行されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

プログラムについて

ユーザサポートツールのプログラム情報が表示されます。

終了

このボタンを押すとプログラムが終了します。